損保ジャパンの自動車保険は『One-do』という名前の自動車保険です

損保ジャパンの自動車保険は『One-do』という名前の自動車保険です。「えらぶ」ではなく、「つくる」をモットーにした自動車保険,損保ジャパンの自動車保険。

損保ジャパンの自動車保険は,ニーズ細分型の自動車保険で『One-do』という名前の自動車保険となっています。

この損保ジャパンの自動車保険『One-do』は,業界初の新しい契約プロセスを持つ自動車保険です。
「保険をもっと便利に,もっと身近に」をコンセプトにできた自動車保険です。

ひとりひとりのニーズに合わせて自動車保険を「えらぶ」のではなく「つくる」。これが損保ジャパンの自動車保険のコンセプトです。

損保ジャパンの自動車保険『One-do』の契約手続きは,完全なキャッシュレスとなっていて,とても便利なものです。保険料は保険始期の翌月に口座から引き落とされることとなるため,
自動車保険の契約時に現金は不要です。


損保ジャパンの自動車保険『One-do』の補償内容は,ひとりひとりのニーズに対応ができる補償内容を可能とした「ニーズ細分型補償」です。

損保ジャパンの自動車保険の主な補償内容は「対人・対物賠償保険」「人身傷害補償保険」「車両保険」「事故・故障代車費用保険」の他に,「人身介護パック」「弁護士費用特約」「他車運転危険担保特約」なども損保ジャパンの自動車保険の補償内容のひとつです。


自動車保険の見積は,今やインターネットで簡単に行うことができます

車を運転する人なら誰もが加入する事になるであろう,自動車保険。

自動車保険は,1998年の保険の自由化以降に劇的に変わったのです。

それまでは,自動車保険は,どこの会社でも,条件が同じであれば保険料は同じでした。

そのため,自動車保険の満期が来たら,ほぼ同じ会社での更新となっていました。

しかし,自由化によって同じ条件であっても,会社によって自動車保険の保険料や保障が全然違う今は,賢く自動車保険の見積をして,各社の自動車保険を比較することがとても大事なのです。

自動車保険の見積は,今やインターネットで簡単に行うことができます。自動車保険の見積をするときに,必要なものは免許証,そして車検証,今現在加入している自動車保険の保険証券です。

自動車保険の保険は,車の車種や年式,走行距離によっても変わってくることとなります。

また,自動車保険という保険には色々な割引きがあります。

安全装置がついているかついていないかによる割引きなどです。

例えばABSが搭載されている車は5%の割引きで,エアバッグが装備されている車は10%の割引きになったりするわけです。

このように,様々な車のスペックによって,自動車保険の保険料や補償額は変わってくることとなります。

車両保険とは車両にかけておく自動車保険

自動車保険の中にはいろいろな保障内容の保険が細かく分けられています。

そんな自動車保険の中で,車両保険という名前の自動車保険があります。

自動車保険の中の,車両保険とはその名前の通り,車両にかけておく自動車保険の事です。

例えば,車両保険という自動車保険は,契約をしているクルマが,偶然の事故によって損害を受けた場合に,修理代などが支払われる事になる自動車保険の事を車両保険といいます。

自動車保険の中の,対人保険や対物保険とは人や物に対する損害の補償の自動車保険ですが,この車両保険は,自分のクルマにかける保険というわけなのです。

この,車両保険という自動車保険はをかける時の保険金額というものは,契約をしようとするクルマの年式や種類などのいわゆる「時価」というものを基に決められることとなります。

例えば,50万円程の値うちしかないとされるクルマなのに,車両保険という自動車保険を使って300万円の保険をかけようとしてみたりすることは基本的には無理なのです。

この,時価というものは保険会社のほうが,最新の時価のデータに基づいて決めることとなります。万が一の時の為に,このような車両保険という自動車保険に予め加入しておく事が安心となるのです。

自動車保険 一括見積

自動車を運転する人なら,誰もが気になる自動車保険。自動車保険の見積をして各社を比較したいけれど,いちいち見積を頼むのも大変な作業ですよね。
そんなとき,自動車保険の一括見積サービスを使えば,簡単に自動車保険の見積を一括で行うことができるのです。

インターネットでの自動車保険の一括見積サービスの流れはどうなっているのでしょうか。

まず,自動車保険の一括見積サービスを行っているサイトで,簡単に見積条件を入力します。
すると,そのサイト側で自動車保険の保険会社等とマッチングしてくれます。
後日,そのサイトを通じて各社の自動車保険の見積が届けられることになります。

そうして,その届けられた自動車保険の見積をもとに,保険料や補償内容,サービスなどで具体的に比較を行って自動車保険を的確に選ぶことができるのです。

入力自体もとても簡単で,自動車保険の見積を行う該当車両の情報を入力して,運転者の情報を入力します。

その後,自動車保険の希望補償内容を入力して,これで自動車保険の一括見積の請求が完了となります。

届いた自動車保険の見積を比較して検討し,直接保険会社などに連絡することになります。

自動車保険の見積を依頼しても,契約の義務は一切生じないため,とても便利なサービスです。

東京海上日動 自動車保険

キメ細かいサービスでとても人気のある東京海上日動。そんな東京海上日動が作った自動車保険,トータルアシストは,東京海上日動らしく,キメ細かい豊富なサービスでとても人気です。

東京海上日動の自動車保険は,名前を「トータルアシスト」という名前の自動車保険です。

東京海上日動の自動車保険,「トータルアシスト」は,様々なキメ細やかなサービスが豊富でとても安心な自動車保険となっています。

東京海上日動の自動車保険には,事故防止アシストというサービスがあります。このサービスは東京海上日動の自動車保険「トータルアシスト」に加入すると,インターネットにて,東京海上日動のスタッフが,保険のプロとして事故や犯罪防止などの役立つ情報を提供するのでそれを見ることができるというものです。

また,東京海上日動の自動車保険には,メディカルアシストという,24時間365日フリーダイヤルにて対応してくれる,医師や看護士による電話の医療相談のサービスがあります。

東京海上日動の自動車保険には,もらい事故アシストという,もらい事故の場合に24時間365日フリーダイヤルでバックアップしてくれるサービスもあります。

このもらい事故アシストというサービスでは,事故対応に精通した代理店・扱者や東京海上日動の専門スタッフが,要望によって弁護士と共にバックアップしてくれるサービスです。

JAの自動車保険は「自動車共済」という名前で呼ばれています

農協,つまりJA共済は安心の保険会社として知られています。このJAが出している自動車保険もとても安心なサービスの自動車保険で人気です。

JAの自動車保険は「自動車共済」という名前で呼ばれています。このJAの自動車保険に加入する際には,合わせてJAの自賠責の自動車保険とセットで加入すると,自動車共済がさらにお得になるシステムになっています。

JA共済というものは,「助け合い」の精神から生まれているため,営利を目的とはしていないのです。そのため,JAの自動車保険などについても,納得のいく掛金となっています。

また, JAの自動車保険は,JAの自賠責保険とセットでの加入であれば,対人賠償掛金が7%割引となります。

JAの自動車保険では,車両保障と対物賠償とセットで加入すると車両保障・対物賠償のそれぞれの掛金が約7%割引となるので,とてもお得な契約となります。

また,JAの自動車保険で無事故を継続すると,最大20等級までの無事故割引等級が適用され,自動車保険の掛金が最高62%まで割引かれることとなります。

また,この無事故による割引は保険会社等からの切り替えにも適用されます。

JAの自動車保険なら,2台目以降から新規加入がお得になるサービスもあります。
タグ:JA共済

チューリッヒの自動車保険にはさまざまな割引きがあります

自動車を運転する人にとって,気になるのが自動車保険。普段気を付けて運転していても,いざという時に自動車保険に加入しているのと自動車保険に加入していないのでは安心の度合いが違います。

チューリッヒという保険会社の自動車保険はスーパー自動車保険という名前がついています。
数ある自動車保険の中から,チューリッヒの自動車保険,スーパー自動車保険が選ばれている理由とは,なんでしょう。

それは,なんといってもチューリッヒの自動車保険の保険料がとてもリーズナブルであることです。

また,チューリッヒの自動車保険の保険料算出の仕組みは,ひとりひとりのリスクに合わせて合理的に自動車保険の保険料を算出してくれるようになっているのです。

例えば,運転する地域,運転する人の年齢,年間予定走行距離,車の使用目的などによってチューリッヒの自動車保険の保険料が変わってくることになるのです。

また,チューリッヒの自動車保険にはさまざまな割引きがあり,保険料をセーブしてくれます。

安全運転者割引,新車割引,ゴールド免許割引,エコカー割引,安全運転講習会受講割引,インターネット割引などがあります。

また,24時間365日対応のカスタマーセンターがチューリッヒの自動車保険ではあるので,きめ細やかなサポートを受けることができます。


三井ダイレクトの自動車保険のモットーは「ジャストサイズの安心をお届け」です。

三井ダイレクトの自動車保険のモットーは「ジャストサイズの安心をお届け」です。

自動車保険に加入したいけれど,もしくは自動車保険に加入はしているけれど,自動車保険に限らず保険というものは人生の節目節目での見直しが必要となってきます。

また,いろいろな保険の比較をすることも大事になってきます。

三井ダイレクトの自動車保険では,「必要な分だけ,できるだけ安く」というコンセプトから,本人もしくは本人と配偶者だけが車を運転するのであれば,自動車保険も家族限定特約よりも本人・配偶者限定特約のほうが自動車保険の保険料が安くなるので,おすすめだという事です。

また,子供だけが運転する場合であれば,自動車保険は子供年齢条件特約がおすすめだそうです。

また,自動車保険の保険料の設定が細かくできるのも三井ダイレクトの自動車保険の魅力です。

35才以上の人だけが車を運転する場合には,「30才以上担保」や「35才以上担保」があり,年齢に応じて保険料を設定することができます。

三井ダイレクトの自動車保険に車両保険をセットすると,車両保険セット割引がきくこととなり保険料がお得になります。

三井ダイレクトの自動車保険のロードサービスは,24時間365日無料で対応しています。

また,ロードサービスを利用しても,翌年の自動車保険の保険料はアップしないのも魅力です。

アクサダイレクトの自動車保険料は安い

自動車保険を考えている人にとって,やはりその自動車保険の知名度も大切といえます。

アクサダイレクトの自動車保険といえばテレビCMなどでもお馴染みです。

そんなアクサダイレクトの自動車保険の保障はつぎのような内容になっています。

自動車保険はアクサダイレクトの自動車保険ならインターネット割引で最大3500円となる為とてもお得です。

また,アクサダイレクトの自動車保険は,安い保険料で充実した補償内容が付いてきて,自動車保険の見積もとても簡単で正確です。

アクサダイレクトの自動車保険の安さの理由にはいくつかあるのですが,まず,アクサダイレクトの自動車保険では,インターネットやコールセンターなどを活用して,直接取引をする事で中間コストをなくしているので,その為に保険料が安くなるのです。

さらに,アクサダイレクトの自動車保険の安さの他の理由としては,「リスク細分型自動車保険」と呼ばれる独自のスタイルを持っていて,ひとりひとりのライフスタイルや,車の使い方に合わせた形になっているのです。

アクサダイレクトの自動車保険は,ゴールド免許であったり週末や休みの日しか運転をしない場合,通勤や通学にクルマを使用しない場合,年間予想走行距離が5000キロ未満の人にとっては,保険料が大幅にお得になる自動車保険です。

ソニー損保自動車保険

年間走行距離が少ない人で,新たに自動車保険をお探しの人には,ソー損保の自動車保険を是非考えて頂きたいと思います。

ソニー損保の自動車保険は,特に年間走行が11000キロ以下の人ならば絶対にお得な内容になっています。

ソニー損保の自動車保険が,数多くある自動車保険の中で選ばれる3つの理由というものがあります。

まず,一つ目に「保険料は走る分だけなのでお得」というのがあります。ソニー損保の自動車保険は,1年間に走る分だけ支払いをすればよい,という合理的な自動車保険なのです。

二つ目に,「ソニー損保の自動車保険はロードサービスが充実している」というのがあります。

レッカーは20kmまで無料なので,事故だけではなく,故障の時にもソニー損保の自動車保険はとても安心なのです。

三つ目に「安心の事故対応」というのがあります。ソニー損保の自動車保険なら,補償もサービスもしっかりしているので,納得がいくまで丁寧な対応をしてもらえるのです。

また,ソニー損保の自動車保険が気になっているのなら,是非公式サイトで見積りをしてみてください。インターネットからであれば,最大3000円がオフになります。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。